どこまでも亀

昨日、というか、一昨日、第5回日本翻訳大賞の授賞式が無事終わりました。きてくださった方、協力してくださった方、本当にありがとうございました。来年は、ゲストの選考委員として斎藤真理子さんをお迎えすることになりました。

 

さて、ついこないだ発売になったジョン・グリーンの『どこまでも亀』、おそらくあちこちの本屋さんで平積みになってると思います。おそらく、ジョン・グリーンの作品のなかで最も緊張感が強く、最も悲痛で、最も文学性が高く、最もおもしろい……と思う! はっきりいって、すごいです。 ぜひ、立ち読みでいいから、最初のところだけでもどうぞ。

 

知り合いのファンから早くも素敵な感想が寄せられたので、途中、何カ所か削りながら掲載します。ご本人の許可はいただいています。

 

私の10代のメインイベントは、まあ摂食障害と不登校なんですが、『どこまでも亀』には、そのころの気持ちが、感じたときの新鮮さのままで、そっくりそのまま冷凍保存してあって、アーザを通して自分の過去を見たような気がします。 おそらく私だけではなくて、この本を読む人はみんな、そんな体験をするのではないでしょうか。アーザは強迫性障害ですが、摂食障害の症状にも強迫的なものがあって、私も「太るのではないか」という気持ちにとらわれると、まったくなにもできなくなってしまって、とてもつらかったのを覚えています。勉強がしたいのに、あるいは遊びたいのに、一度「太るのではないか」と思うと不安で不安で、ジムに行かないと気が済まない。でも、ジムに行ったところで気が済むわけではないことも分かっている。でも、行かなければパニックになる。 摂食障害が私をコントロールしていて、私の人生は摂食障害に食い破られてしまう、と思っていたので、アーザの「自分の考えが自分のものでない」「微生物に殺されてしまう」という恐怖は、痛いほどよくわかります。デイヴィスから大金をもらった後や、事故で入院したとき、アーザの症状はひどくなっているのを見ると、アーザの雑菌への恐怖は、他のもっと大きな恐怖から目を逸らすための隠れ蓑なのかもしれないと思います。 この大金でデイヴィスとの関係がどうなるかなんて、あまりにも複雑で大きすぎる上に、考えてもどうにもならない問題ですが、中指の雑菌だけに意識を集中していれば、その問題については考えずにすみます。で、自分の障害が、周りにとって迷惑なんだろうなとも思っていて、なのに「迷惑だ」とは決して言わずそばにいてくれる人たちに対して、申し訳なく思いつつも、どうかそのまま言わないでいてほしいとも思ってしまって、それが身勝手な願いなのもわかっているんですよね。だから、デイジーに「その恐怖症って、ある種、壊滅的被害をもたらすんだよ」と言われたときは、ああついに来ちゃった、そう思ってるのは心のどこかで知っていたけど、直視したくなかったのにって、読んでいる私までどんどん身体が冷たくなっていく感じがしました。わかってる、大変なのは自分だけじゃないことも、自分の強迫症状が人の迷惑になってるのもよくわかってる、でも私自身にはどうしようもないんだって叫びたい気持ちです。 一方で、デイジーの気持ちもすごくよく分かるんです。アーザの苦しみを10としたら、デイジーのそれは3くらいかもしれないけれど、0ではありません。アーザはデイジーの痛みをほぼ「感受していない」ということは、「0と認識している」と言い換えられますが、3を0にされることは、痛みを無視されることにほかならないんですよね。痛みを無視されることは、ときに痛み自体より大きな痛みです。それに、この数値はあくまで強迫性障害の苦しみの目盛りであって、たとえば家の貧しさの目盛りなら、デイジーの方が大きいわけで、それを無視されたら腹が立つに決まっています。その人がどんなにすばらしい友人であっても、まるごと全部好きになるなんてことは、できないんですよね。どうしたって不満や許せないところはある。でも、だからその友人を嫌いになるかというと、そうではない。許せないところはあっても、それを越える好きなところがあって、愚痴や不満は、むしろ吐き出すことで、ある日突然キレたりしないで、その人と長くつき合い続けていくための行動だったりする。 デイジーも、ああして爆発したからこそ、アーザとの友情が保てたのではないでしょうか。金原さんもあとがきに書いていらっしゃいますが、私もデイジーはいいキャラだなあと思います。必ずしもアーザにとって完全に都合のいい存在でないことも含めて。

 

という、じつに素敵な感想でした。本の訳者あとがきよりいいかも。

 


2019年4月23日

今週の木曜日、銀座教文館ナルニア国でイベントを行います。 『ネルソン・マンデラ』の写真集(とはいえ、文章がとてもよい)と、リビア出身の作家ヒシャム・マタールの『帰還』について語ります。ゲストは、『マンデラ』の共訳者、松浦さんと、『帰還』の共訳者、野沢さん。ぼくの話はともかく、おふたりの話はおもしろいはずです。 もし時間に余裕のある方は、ぜひ! 日時:2019年4月25日(木) 午後6時〜7時30分 会場:教文館ナルニア国 店内 定員:60名 会費:1,000円 *現金のみ 当日会場:午後5時40分頃〜

https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/21519


2019年4月21日

サウザンブックスによる、『ゴーストソング』『ゴーストダンス』のクラウドファンディング、成立しました。 ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございます。 『ゴーストソング』はすでにラフな形で訳してあって、これから『ゴーストダンス』に取りかかる予定です。

2019年4月14日

日本翻訳大賞第5回目の最終選考会が無事終了。今回は案外とすんなり決まった感じ。結果は明日、発表です。 乞うご期待。 ちなみに授賞式は4月27日(土)2時半から。 もうひとつお知らせを。5月10日(金)19時から大阪梅田蔦屋書店でイベントがあります。 ――金原瑞人、海外YA小説を語る−ジョン・グリーン『どこまでも亀』刊行記念―― 『アラスカを追いかけて』『ペーパータウン』『さよならを待つふたりのために』『ウィル・グレイソン、ウィル・グレイソン』(デイヴィッド・レヴィサンと共著)と次々にヒット作を発表してきたジョン・グリーンの最新作は『どこまでも亀』。ちょっと不思議なタイトルですが、これは原題(Turtles All the Way Down)通り。もちろん、読めば納得。それに今回は作者自身の悩みがかなり強く反映されていて、かなりつらい作品になっています。が、そのぶん、強烈に迫ってきます。編集者とも話したのですが、おそらくグリーンの今までの作品のなかで最もインパクトの強い作品だと思います。 なので、関西の方、どうぞ、遊びにきてください。 詳しくは、こちらを。

https://store.tsite.jp/umeda/event/humanities/6180-0939080414.html


2019年4月13日

ぼくの昔の教え子が(いったい何を教えたのか覚えてなくて、もしかしたら、ただ研究室に遊びにきただけかもしれない)、いつの間にか立派な竹工芸家に育って、いま学芸大駅のギャラリーMINで個展を開いています。初田徹くんです。
今回のメインは茶杓と一輪挿し(壁掛)。じつにいい味を出してます。
ぼくも一輪挿しを買ってきて、さっそく使ってます。まずは、山吹(白と黄)を。

 

 


 

ぜひ、遊びにいってやってください。
竹細工を始めるようになったそもそものきっかけは、学祭か何かで流し素麺をしようと、半分に割った竹をさがしたことだった、という。おいおい、ほんとかと突っこみたくなるようなエピソードですが、まあ、本人にきいてみてください。在廊の日程は以下をご参考に。


https://www.toruhatsuta.com/2019-0330-growing/
https://twitter.com/takekogei/status/1111963759994527750


<< | 2/88PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM