2020年9月14日

(岡田嘉夫先生より、栗きんとんのお礼状。最近、段ボール箱を引きちぎった葉書が多い。表は切手をべたべた貼ってあって、もっとおもしろいんだけど、住所が書いてあるので省略。)

 

 ずいぶん前から燃え続けているアメリカ、西海岸の山火事(野火)が心配で、ワシントン・ポストなんかの記事を読んでるんだけど、今年は異様に広がっているらしい。
 ここ数日の、角谷くんからのメールではこんな感じ。

 

11日
 ありがとうございます。大丈夫です。今日は昨日よりマシですが、まだ空はオレンジ色。(写真は昨日)しかし、どういうわけか煙の匂いはあんまりしません。地元のニュースでも、空気はそんなに悪くないって言ってました。それでも窓を閉めていても目と頭が痛くなってきましたが。灰も降ってきていたし。洗濯物を外に干せない。 
 山火事自体は収まりつつあります。離れたところでは、新しい山火事が発生したけど。家から近いところでは燃えているのは30%弱にまで下がっていたはず。ベイエリアでは涼しい(というか暑くない)日がちょっと続くようなので、その間に完全に鎮火してくれると良いのですが。 

12日
 さっきアラメダ郡がunhealthy air qualityの注意報を出しました。外出を控えるように呼びかけています。焚き火や暖炉の使用もできません。暖炉なんて家にはないけど。 

 フリーモントでは空気、unhealthyではなく、very unhealthyでした。任天堂スイッチのリングフィットをするようになって洗濯物が増えました。もう待てないので洗濯しに行ったら灰が舞っていました。

 カリフォルニア、規模の大小はあっても、毎年ありますねぇ。

 自然現象が原因で、伐採?剪定?も予防策としてやっている(いた?)けど、人手と予算が足りない(足りなかった?)らしい。乾燥した日が続いて風でも吹こうものなら、消防署が山火事の注意を呼びかけます。今年は雷ですね。ま、毎年、雷が原因で起こることもあるんでしょうが。山火事が起こってから服役囚にボランティア(減刑と引き換え)で消火活動してもらうくらいやったら、起こる前にその人達を使えばいいのに。トランプは以前「ヨーロッパの森林でカリフォルニアのように山火事が起こらないのは、みんな熊手で落ち葉を集めているからだ」とこれまた恥ずかしいことを言っていました。
 PG&E(電気とガスの会社)の変圧器の不備で2年前に大きな山火事になり、去年から山火事の恐れのある地域では電気の使用量が増えそうな日は「予定停電」させています。僕の住むところは対象地域になったことはありませんが、同じフリーモント市内でも停電になったところはあります。電気の使用量が増えそうな日は、大体暑くてクーラーを使う人が多いから。そんな日に停電にされたらたまったもんじゃあないと思うけど。ここは安全管理がずさんな会社。エリン・ブロコビッチでもやってたけど。
 交通事故から火が出たってのもあったはず。いつか覚えていないけど。あとは人災。火の不始末・放火。今年、原因になったのは、生まれてくる赤ちゃんの性別発表パーティー。花火(?火薬)で青か赤の煙を出して発表しようとしたらしい。ここ何年か、赤ちゃんの性別発表パーティーが人気。ケーキを切ったら中の色で分かるようにしたり、とか。

 カリフォルニアのこの夏の山火事で燃えた面積2百万エーカーで、それはデラウェア州よりも広いって。 


ともあれ、早くおさまることを祈ってます。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM