2020年2月16日

 消せるボールペンはとても便利で、もうずいぶん前からお世話になっている。フリクションというやつの5个寮屬使いやすくて、替え芯も常備している。原稿のチェックも、ゲラの書きこみも、手帳の予定の記入もすべてこれを使っている。いや、使っていた……のだが、一週間程前から、いきなり青になってしまった。というのは、赤のフリクションが一斉にいなくなってしまったのだ。
 たしか、オルダス・ハクスリーがエッセイでこんなことを書いていた。物にはすべて悪意があって(あるいは悪魔が住んでいて)、ここでなくなると本当に困るというときに限って、なくなってしまう。だからそれに対抗するには、少々なくなってもかまわないように、多数常備するに限る、そうすれば、物のほうがあきらめて、悪さをしなくなるというのだ。ハクスリーは眼鏡をいくつも持っていると書いていた……ような気がするけど、確かではない。昔の大学入試の問題集か何かで読んだのだと思う。そういえば、昔の大学入試の英語の問題には、しょっちゅう、ハクスリーとモームが出てきたなあ。国語の小林秀雄みたいな感じで。
 それはともかく、物には悪意があるというのは、ほとんどの人が実感していると思う。それを人一倍実感しているのが、ぼくだ。だから、部屋にはティッシュの箱が3個から4個置いてある。小銭入れは3個くらいある。しかし何よりたくさん買いこんで、いたるところに置いてある・入れてあるのがフリクションの赤5个澄おそらく10本以上はあって、いくつものバッグに入れ、ペン立てにも入れ、机の上にも置き、コートやジャンパーのポケットにも入れてある……のだが、それが一斉蜂起して、一斉にいなくなってしまったのだ。いったい、どこに隠れているんだろう。
 というわけで、しかたなく、いまは青のフリクションを使っている次第。これ以上、赤は買いたくない……というくらい買っておいたはずなのに、ない!

 

 そういえば、初の小説が出版されます。『ストーリーで読む伝記 ぅ献腑麕次郎』(岩崎書店)。ジョン万次郎の伝記。 2月28日出版の予定。
 乞うご期待。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM