2019年7月19日

HPに、立命館大学生存学研究所の長瀬修さんからメールをいただいた。

本当に丁寧に訳してくださった『帰還』によって触発された二つのエッセイです。

 

ご参考までに
 

とのことなので、早速読んでみたら、「1981年の国際障害者年を提案したマンスール・ラシッド・キヒアとその悲劇的な人生」についてのエッセイだった。彼はリビア出身で、「米国の市民権取得まであと4カ月だった」とき、「リビア政府とエジプト政府の工作員によって拉致され、リビア政府側に引き渡された後、リビアに連れ戻され、1994年初頭には殺害された」とのこと。このエッセイでは、キヒアの娘さんのことも書かれていて、『帰還』と重なるところが多い。

 

また、「今、夫キヒアを探し求める母の視点を通して父キヒアに達しようとするドキュメンタリー映画」が製作中で、「リビアの総理大臣経験者、外務大臣経験者、そしてカダフィ政権下でやはり父親が失踪したピューリッツァー賞受賞作家、ヒシャーム・マタール(『帰還』)の出演が決まって」いるとのこと。

 

このエッセイ、目を開かされるところが多く、また、感動的で、すぐに共訳者の野沢佳織さんに送ったところ、すぐに返信がきた。「「カダフィのことも、ひとりの人間としてとらえたい」という言葉に胸を打たれました」。
リビアや『帰還』に関心のない人にもぜひ読んでほしい。


さて、毎月恒例の赧郡果蕕気鵑らのお知らせです。

 

***********************************************************

みなさま

東京はいまだ梅雨のような曇空です。
いつもお世話になりありがとうございます。

 

舞台は5月の定例公演以降なかったのですが(涙)、慶應大やICU国際基督教大、京都造形芸大での授業、義太夫教室など、教える系?の仕事がありました。毎回生徒さん学生さんに応じて工夫しているのですが、なかなか難しいです。でもやりがいがあります。

 

・7月20日(土)13時半 「女流義太夫7月公演」 日本橋亭
「丗三間堂棟由来」平太郎内の段 土佐恵・寛也
5月じょぎ公演とたまたま演目は同じですが、太夫さんも違い、演奏の抜き差しも違うのでまた別の趣があることと思います。演奏前に簡単な解説があります。
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=7&year=2019#schedule1123

 

・7月27日(土)11時 NHKFM「邦楽百番」
「嫗山姥」浄瑠璃:竹本 駒之助、三味線:鶴澤 津賀寿、ツレ:鶴澤 寛也
以前の放送の再放送です。この再放送のそのまた再放送は翌20日(日)早朝 午前5時00分〜5時50分
https://tsuruzawakanya.com/schedule/show/1182

 

・8月3日(日)一日体験教室講師
語り&三味線の一日体験教室。どちらかでも両方でもお気軽に。予約はだいぶ入ってるとのことです。三味線は定員が少ないのでどうぞお早目に。
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=8&year=2019#schedule1167

 

※録音で参加!
7月25日(木)〜8月12日(月・祝) 「薔薇戦争」 シアター風姿花伝
シェイクスピアを上演する劇団「カクシンハン」に、録音で参加。「ヘンリー6世」の一部に三味線をつけます。稽古をきっちり積み重ねていく若くて素晴らしい劇団です。
チケット発売中→http://kakushinhan.org/info/warsoftheroses

 

また色々がんばります。
どうぞお誘いあわせてのご来場をよろしくお願い申し上げます。

鶴澤寛也
http://tsuruzawakanya.com/
Twitter、Facebook、Instagramやってます

***********************************************************



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM