2019年6月24日

今日、というか、昨日(23日)の午後、ブレイディみかこさんと対談。

新潮社から出た『ぼくはイエローで、ホワイトで、ちょっとブルー』をめぐって。

ここ数年のうちで久々の、もろど真ん中のYA。

 

英国ブライトンに住んでいる息子が中学校に入った。それも、元最底辺中学校。その前は、地区で最優良のカトリック小学校。

 

中学校の廊下の壁には、ジ・アニマルズ、ザ・フー、ロニー・ドネガン、ツェッペリンからセックス・ピストルズまで、ブリティッシュ・ロックの名盤のレコードジャケットが貼りつけてある。

 

クリスマスのコンサートでは、眉毛のない爬虫類みたいな容貌のコワモテの少年(貧しい公営団地に住むラッパー)がめちゃくちゃ危ないラップをやり、最後はザ・スミスの「万国の万引きたちよ、団結せよ」で締めくくる。学校のみんなだけでなく、教員も、校長先生も大拍手!

 

この中学校、白人の占める割合が大きい。この本にはこう書かれている。 「人種の多様性があるのは優秀でリッチな学校。元底辺中学校のようなところは見渡す限り白人英国人だらけだ」

 

ロンドンあたりでは様子がまた違うそうだが、ブライトンあたりではこうらしい。

 

その他、貧しい人々同士のボランティア活動のことや、中学校での様々な授業のこととか、知らないことばかりで、それもすべて、おもしろい。

 

絶対にお勧めの1冊。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM