2019年3月4日


1日から3日までゼミ合宿で八王子セミナーハウス。
今回は卒論をそのまま提出している学生が3名(どれも300枚以上)いるうえに、同じくらいの作品がもうひとつ、あと中編もかなりあって、四苦八苦。いつもはほぼ余裕で読み終えるのだが、さすがにぎりぎりまでかかってしまい、結局、2日の合評会が終わったのが12時。そのあとすぐに打ち上げ。
教員が酒好きなのがようやく浸透したらしく、このところ、おいしいお酒が集まるようになってきた。今回も、田酒、飛鶴(知る人ぞ知る上総のお酒で、「飛鶴 本醸造 無濾過 生原酒」は年に1升瓶を何本か取り寄せることにしている)、 F&Mのシャンパン、その他、ワインも赤、白、青まで。NIKKAの古いのもあった。あと森伊蔵も4合瓶が1本。
なんだ、ゼミ合宿の報告は酒だけかと思われるといやなので、提出された作品について簡単に……と思ったけど、今月、来月と異様に忙しくて(日本翻訳大賞の本読みのほか、翻訳の〆切が〇本、その他、イベントも)その余裕がない。
そのかわり、角谷くんからのメールを。


子供達に人気のグラフィックノベル。お下劣な内容のシリーズ Dog Man が大人気ですが、そういうのは少なめにして、歴史、伝記、古典のグラフィックノベルを増やしたいと思っています。シェイクスピアは、基本的に小学生向きなのはほとんどないのですが、このロミオとジュリエットはInterest Level 5 - 8(年生)。(貸し出すのは3年生以上。)早速購入。読んでいくと、こんな絵が。ロミオが左手でジュリエットのドレスを脱がしにかかってます。個人的には大丈夫。でも、ここはアメリカ。図書室に置いてもいいか、一応校長先生に相談。校長先生は「教育委員会でオッケーが出ている本である以上、あなたに任せます」。学校でボランティアしていて親しい保護者に聞くと「大丈夫」と「絶対ダメ」が半分半分。他の先生に聞いても、これまた半分半分。そのくせ、どっちの意見の人も、僕が指をさすまで、ロミオの左手に気付かないことも。「絶対ダメ」派は、「まだ小学生には早すぎるから」。「大丈夫」派は「子供達はYouTubeやテレビで、これ以上のものを見ているので、この程度ならどうってことない。大体、ここフリーモントの性教育の内容を知っているでしょ?」。(この性教育はメディアにも取り上げられたほどの騒動で、内容がえげつない。4年生から性教育が始まるけど、徐々に「身体に変化が起こりますよ」から始めるのではなく、いきなり本題に。まだサンタさん信じてる子供にオーラルやアナルの説明するか?)To have (it in the library) or not to have, that is the question. ですよ。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM