2019年2月19日

今日は市ヶ谷で体育会の部長監督会議。このところの大学の不祥事を受けて、ハラスメントについての弁護士さんの話をきいたり、大学スポーツ協会(UNIVAS)加盟についての話をきいたり。
大学スポーツも変わっていくなあというのが実感。ただ、企業からみれば15年以上遅れてるという意見もあり。なるほどと思う。


さて、久しぶりにアメリカの角谷くんからのメールがきて、これがまたおもしろい! 日本とこーんなに違うんだと驚いてしまった。というわけで、ここでご紹介します。


こんばんは。

パーシージャクソン、外伝も含めて読み終えました。今、The Heores of Olympus を読み始めたところ。早く読まないと子供達にネタバレされてしまう。

最近、学校図書館内の本ををジャンル別に分けようとするのが流行ってきています。ライブラリアンのミーティングでも議題になっています。ノンフィクションはDeweyで分けられているので、フィクションだけ。ほとんどの学校では、フィクションは著者のラストネームのアルファベット順。背にジャンルを示すシールを貼っている学校や、あるジャンルの本を数冊取り出してディスプレーしとう学校はありますが、ここフリーモントの学校ではジャンルで分けている学校はまだありません。(しばらく行ってませんが、フリーモント、サンホゼ周辺の公共図書館でもジャンルに分かれてなかったと思う。)だったらやってやろうじゃあないか、と思うのが僕。夏休みの間は図書室に入れない(鍵を返さなければいけない)ので、夏休み前後に一つのジャンルだけ分けて、毎年一つずつ増やしていこうと計画中。日本の図書館って、ジャンルに分かれていたかな?中学は図書室があったのかも覚えていない。小学校は、少年探偵・ホームズ・怪盗ルパン(いずれもポプラ社)が同じ場所にあったのは覚えているけど、他のはジャンル別だったって気がしない。高校は著者の五十音順やったと思う。大学はレポート書くためだけに図書館を利用していたので、フィクションのセクションがあったのかも知らない。


もう一つ、最近、議題に挙げられたのが、返却が遅れている本の通知。高校生には本人に送るだけでいいのですが、小中学校では親に通知を送り、本を見つけられない場合の罰金などが書いてあります。学校によっても違いますが。僕は、返却が1ヶ月以上遅れたら通知を送ります(担任の先生に渡す)。通知には、本のタイトルと本のカバーの写真をプリントし、この本の返却が遅れているので探してあげてください。もし見つけられなければ(1)罰金を払う、(2)新品か新品同様の状態の同じ本を買う(ハードカバーの場合はハードカバーの本、と明記)、のどちらかを早急にお願いします、と書いています。(あまり人気のない本だと、オプション(3)でアマゾンの学校図書館の欲しい物リストの中から好きな本を一冊買う、ってのを追加。)ところが、市の教育員会からプライバシー保護のため、本のタイトル、カバーを載せないように「お願い」が。ある学校に男女の双子の生徒がいたのですが、二人揃って本の返却が遅れた(もしくは失くした)で、そこのライブラリアンが親に通知を送りました。女の子は女の子だったのですが、男の子の方は「男の子の体で生まれてきちゃった女の子」だったようで、それを親にも隠していた。で、男の子の読んでいた本を見て親がビックリ!ちょっとした騒動になったらしいから、だそうです。僕は「男の子の本、女の子の本、なんてない。本は本。せやから、男の子が妖精の本やバービーの本を読んでも構わないし、女の子がキャプテンアンダーパンツを読んでも構わない。そして、それでからかったりすることは絶対にアカンで。NO BOOKSHAMING!」と子供達に言っているのにも関わらず、そういう事を言う親がいるのも事実。教育委員会からのお願いに強制力はなく、小学校のライブラリアン達は反対。六年生の子でさえ「どの本?え?そんな本、借りたっけ?」ってのが少なくない。そんな子供の親に本のタイトルも知らせず「探してあげてください」って言うても、どうしようもない。なので、ライブラリアンの判断に任されることに。僕は、通常通りの通知を作り、親に本のタイトルを知られたくなかったら僕のところにくるように子供達に伝えました。そしたら、本を失くしたことを親に知られたくない、と言ってきた生徒が。虐待か?と思って聞くと、叱られるから、とのこと。「それは仕方がない。今度から失くさないようにしなさい。通知を渡さなくっても、メールで親に送れるからね」と念押し。すると、この親から図書室に電話が。「息子が借りてきた本は中古なのに、新品か新品同様の本を代わりに渡すなんて不公平やん!」・・・。そういえば、この親、昔、クラスでクリスマスのbook exchangeの時に、半分濡れ、ページが破れてなくなった本を適当なギフトラップに包んできていたな。(寧斗がその本に当たっちゃった・・・。)経済的に負担のある家庭には公にはしてへんけど、免除できるんやけど、そこはそういう家庭じゃあないからねぇ。そこからは、まだ罰金も代わりの本も届いてません・・・。

さて、面白い記事を見つけたので。

https://www.vox.com/the-goods/2019/2/14/18223954/a-novel-book-cover-reading-line?fbclid=IwAR3eEARSW4NKyDs5OYHKfz-vFiMg3Dniei-jKLsjBaH_ChHdGBXINn05N_g



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM