2019年1月7日

「早速ですが、教文館ナルニア国のHPにイベントの告知をアップいたしました」という連絡がきました。先日、お知らせした、ナルニア国での対談のお知らせです。
https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/21231
日時:2019年2月8日(金) 18:30〜20:30
(受付18時〜・途中入場可・終了後にサイン会を予定)
会場:銀座教文館9階ウェンライトホール(松屋銀座斜め向いのビル)
定員:80名 事前予約制・先着順
 『リズムがみえる』はアフリカ系アメリカ人の音楽の歴史を目で見るユニークな絵本です。(サウザンブックス社 著者:トヨミ アイガス 絵:ミシェル ウッド 翻訳:金原瑞人 監修:ピーター バラカン)
 黒人音楽のルーツである16世紀のアフリカ音楽から始まり、奴隷歌、ブルーズ、ラグタイム、初期のジャズ、スウィング、ジャズ・ウーマン、ビ・バップ、クール、ゴスペル、R&B/ ソウル、ファンク、そして、現代のラップ/ヒップホップへという流れを、分かりやすい文章と力強いソウルフルな絵で追うことができます。
この本をひらけば、音楽を聴きたくなること間違いなし! そこで、このイベントでは絵本にちなんだ楽曲を実際にバラカンさんにご紹介いただきます。貴重な音源を聴くことができるかもしれません♪
金原瑞人さんとのトークでは楽曲の時代背景や社会情勢、黒人文学などについてお話いただきます。
協力 サウザンブックス社


そういえば、風邪を引きました。
去年から、この冬は授業がないせいか風邪とは無縁だったのですが、夜中いきなり喉が痛くなって、ダウン。毎年恒例の喉風邪で、熱が出ないまま、喉の痛みが続くというたちの悪い風邪。まいったなあ。二日、寝たり起きたりをくり返しつつ、この近況報告を打っているという、情けない状態です。喉風邪くらい半日で治る薬ができないものかとぼやきつつ。

 

そうそう、そういえば、この近況報告、スタッフのみなさんのおかげで、2005年のものから読めるようになりました!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM