2018年11月26日

しばらくのごぶさたでした。
まず、イベントのご案内を。


ブックファースト新宿店地下2階Fゾーンイベントスペース
12/1(土)15:00〜17:00
幻想短編集『エイリア綺譚集』(国書刊行会刊)の刊行を記念して、著者の高
原英理さんとゲストにご友人の金原瑞人さんを迎え、幻想文学や澁澤龍彦をめ
ぐるトークショー&サイン会を開催いたします。
詳細は
http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html#a_1384
を。


いやあ、高原さんと対談できるとは! いったいどんな話で盛りあがって、ど
んな話で盛り下がるのか、まったく予想も予測もつかない。
ぜひ、遊びに来てください。


それから、ずいぶん昔、文化学院で教えていたときの学生さんのひとり、辻恵
子さん(現在、イラストレーターとして活躍中)から久しぶりにメールがき
た。それも、台湾文化の伝道者・メッセンジャーボーイ、天野健太郎さんの件で。


金原先生こんばんは。天野健太郎さん、お亡くなりになりましたね。
11/12に、すい臓がんで亡くなったそうで本日お葬式だったようです。
愛知だったのでいかれませんでしたが・・・。
最後のやりとり、なんだったかなあ、と受信箱のぞいて見てたとこ。
金原先生と通じるような印象だったので、いつか紹介できたらと思っていた
ら、翻訳家の集いのような動画を見つけて、金原先生の後に天野さんが登壇、
と。
ああ、なんだ、お節介せずとも会えてた!と、ちょっと嬉しかったです。


それで、ぼくから、


辻さんも会ったことある?
ぼくは、何度かイベントに出てもらったこともあるし、いっしょに飲んだこと
もあるし。
とてもエネルギッシュに台湾文化を紹介してくれてて、頼もしい人だったんだ
けど。
ちょうど2週間前、台湾文化センターで、東山彰良さんと対談しているのをみ
たのが最後かな。控え室に挨拶にいったとき、やせてて顔色がずいぶん悪かっ
たから、心配してたんだけど。


というメールを返したら、こんな返事が。

 

天野さん、喫茶店の常連仲間だったんですよね。
もうその店には久しく行ってなかったので数年会っていないけれど、香港の新聞に私の絵が盗用されてた時に愚痴
を聞いてもらったりした仲です。
まだ通訳・天野健太郎みたいな感じで翻訳家になる前からか。ブログ記事:
https://tsujikeiko.blogspot.com/search/label/Amano%20Kentaro


このブログ記事がとてもよかったので、辻さんに、ぼくのHPで紹介してもいい
ときいたら、OKとのこと。読んでみてください。

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM