2018年9月16日

 

昨日、10時半から三味線の稽古で南阿佐ヶ谷へ。曲は杵屋正邦の『太鼓の曲』。三味線の二重奏曲で、すこぶる難曲。北極で弾いても難曲(このダジャレは、昔、ラジオできいた覚えがある。ぼくのオリジナルではありません)。作曲家の角さんとふたりでもう半年、いや一年近くやってるかも。えらく難しい。♩=144から始まって、最後は184、最後の最後は「極端に速くなる」。
1時間15分くらい稽古。そのあと、12時半から朝日カルチャーセンターで絵本の翻訳講座があるので、昼ご飯を食べる時間がなく、サンドイッチとメロンパンを買って住友ビルに到着。ぎりぎりになりそうなので、担当者にはメッセージを送っておいた……んだけど、その担当者が、ぼくの顔をみるなり、「すいません」。
「あ、いやいや、こちらこそ、遅くなってごめん。パンは休憩時間にと思って……」
「先生、今日じゃなくて、来週なんです」
「?」
手帳を確認したら、9月15日(土)の12:30から4時と書きこんである。そう、この講座があるから、その前に三味線の稽古を入れたのだ。しかし、担当者が間違うはずがない。自分の書きこみ間違いにちがいない。(うちに帰って、調べてみたら、ぼくのほうから、「9月22日か10月13日ならOKです」、というメールを出していて、9月22日に決まったことが判明)
講座や講演やイベントで日にちを間違えたのはさすがに、これが初めて。いよいよ焼きが回ったらしい。
ところが22日の朝から夕方まで、しっかりほかの用事を入れてあって、さっき、「ごめんなさい」のメールを送ったところ。怒られそう。
というご報告でした。ぼくの講座や講演やイベントを担当している方は要注意です。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM