2018年4月14日

2018年4月14日

午前9時、早稲田大学文学部の校舎に集合して、第4回日本翻訳大賞の選考会。選考委員5人が話し合って、めでたく受賞作が決まり、明日、日曜日に発表の予定。
今回、いままででいちばん票がばらけていたものの、決まってみれば、まあ、そうだよなという結果になったと思う。
そのあと早稲田の学生食堂でスタッフの方々といっしょに早めの昼食。ぼくと柴田さんはヒレカツカレーの小。西崎さんは、ヒレカツカレーの並とラーメン。西崎さんは、なぜかこのふたつを注文したくなるとのこと。あの年で、しっかり残さず食べたのは見事。この調子で、小説を書いてくれればいいのにと、つい思ってしまう。ロックの評論とかもう10年前から話をきいてるけど、まだ出ないし。

 

1時半、翻訳ミステリー大賞の授賞式&コンベンションの会場へ。場所は蒲田。柴田元幸さんが生まれ育って、いまも住んでいるとのこと。
ここでは、杉江松恋さんと対談。聞き手の聞き方が素晴らしく、いつになく饒舌にあれこれしゃべってしまった。普通、対談では寡黙なはずなのに。
それから、これはおわびです。会場にいらっしゃったミステリの翻訳家の方々には「BOOKMARK」に寄稿いただいているにもかかわらず、お礼をいうのを忘れてしまいました。
本当に申し訳ありません。いつも、ご寄稿いただき、心から感謝しています。この場を借りて、お詫びと、あらためてお礼を!
ついでながら、「BOOKMARK」11号も好評です。まだ在庫はあるので、まだの方はどうぞ、ご注文ください。

 

5時過ぎから中野で、鈴木美紀子さんの歌集『風のアンダースタディ』を語る会のあとの懇親会に顔を出す。
『風のアンダースタディ』は大好きな歌集で、あちこちで宣伝しているにもかかわらず、鈴木さんとはずっと手紙とメールだけのやりとりだったのが、今夜、初めて実物に面会できて感動。とてもかわいらしい方で、歌集のすごみや切れ味が、嘘のようだった。えっ、この方が、あんな歌を!
なにしろ、

 

目薬がするりと眼(まなこ)を逸れてゆきわたくしだけがとり残されて10
きみはまたわたしの角を折り曲げるそこまで読んだ物語として17
花束は比喩の亡骸どのひとの窓辺にひんやり凭れるのだろう24
埋められぬ空欄みたいに白かった絆創膏を剥がした膝は50
「君にはちょっと難しかったかな?」先生は人差し指でわたしを消した52

 

とまあ、こんな歌を詠む人なのだ。

というわけで、今日は久しぶりにめでたいイベントが3つ。うちに帰って、日本酒をのんびり飲みながら、これから、仕事します。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM