2018年1月6日

2018年1月6日
昨日、『スリー・ビルボード』の試写会へ。今年最初の映画。これがすごかった!
試写状の写真が、雲の垂れ込めた夕方の空を背景に、横長のでっかい看板が3枚。まっ赤な看板に黒字でこう書かれている。
RAPED WHILE DYING
AND STILL NO ARRESTS?
HOW COME, CHIEF WILLOUGHBY?
その前をパトカーが走っている。
この試写状をみたとき、デイヴィッド・リンチ風のサイコ・スリラーかなと思って、いってみたら、まったくの予想外れで、映画自体は大当たりだった! とにかく、すごい。
舞台はアメリカ南部の田舎町。看板が立っているのはさびれた道路の脇。立てたのは(依頼したのは)、主人公の女性ミルドレッド。7ヶ月前に娘がレイプされ、焼き殺されて発見されたが、犯人についてはまったく手がかりがないまま。ミルドレッドは警察に対する怒りを看板で示すことにした。「殺されながらレイプされた」「なのに、犯人はまだ捕まってないって?」「どういうこと、ウィロビー署長?」
町の住民はミルドレッドに同情していたが、この看板には反発する。というのは、ウィロビー署長は人望があついからだ。とくに署の警官たちは激昂し、堂々と脅しにかかる。
ウィロビーはミルドレッドに会いにいき、事情を説明するが、ミルドレッドは納得しない。「こうしている間にも、犯人はほかの女の子をレイプしてる」と責める。署長はため息をついて、自分が膵臓癌で余命数ヶ月なんだと打ち明ける。するとミルドレッドは「そんなの町中で知らない人間はいないわよ」といい、驚く署長に対し「あんたが死んだ後じゃ意味がないでしょ!」と言い放つ。
ここから物語が始まる。すさまじい怒りをエネルギーにして、人種差別の激しい南部の田舎町の横暴な警官や住民、そして元夫などを相手に闘うミルドレッド……と書くと、りりしくたくましい女性の戦いを描いた映画かと思われそうだけど、それがまったく違う。
ミルドレッドもある意味、じつにいやなところがあるし、暴力的だし、娘の死に関してもある種の後ろめたさがある。一方、乱暴で無神経な警官たちにも人間的な側面がある。これにミルドレッドの息子や元夫、看板を貸すことになるエージェンシーの青年などがからんできて、じつに怖ろしい、いやな展開になっていく。
アメリカのサイトをみていたら、こんな感想があった。
 it's was just a brutal film. I felt physically drained after watching it.
(ほんとに情け容赦のない映画で、見終わったときは、精神的にくたくたになった)
ぼくは精神的にくたくたになるくらいまで観客を追い詰める映画が好きだし、何より脚本が素晴らしい。どこかがいびつな様々な人間がせめぎあい、ぶつかりあううちに、それぞれが抱えている悲しみや憤りや不満がリアルににじみ出てくる。それが切ない。心から共感できる人物がひとりも出てこないのに、ときどき目頭が熱くなる。それに、後味は決して悪くない。
昨年末みた、『殺人者の記憶法』(1月27日ロードショー)といい、『スリー・ビルボード』(2月1日ロードショー)といい、どちらも自分的には満点の映画。
帰ってきてパンフを読んでみると、監督・脚本はマーティン・マクドナー。この名前に覚えはなかったけど、ロンドン生まれで、劇作家としてスタートを切った、代表作に『ウィー・トーマス』……ここまで読んで、この芝居をみたのを思い出した。「小説すばる」のエッセイ「僕が次に訳したい本」に書いたことがあるので、そこの部分だけ引用してみよう。

 

六月、新大久保のグローブ座で、マーティン・マクドナーの『ウィー・トーマス』(長塚圭史演出)を観た。IRAから分派した超過激グループINLA(アイルランド国民解放軍)の超暴力的な青年リーダーが、愛猫が死んだという知らせを聞いて逆上し、父親や隣家の青年を痛めつけるうち、同じグループで反感を持つ連中がリーダーに反逆をたくらんで……という、薄気味悪いユーモアをたたえたブラック・コメディ。後半、凄惨な展開で舞台が血まみれになっていくけど、どこかしらおかしい。強烈な芝居だった。

 

そう、この芝居の作者がマーティン・マクドナーだった。これは捨ててはおけない。というわけで、彼の撮ったほかの2作『ヒットマンズ・レクイエム』と『セブン・サイコパス』のDVDを注文した。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM