2018年1月4日

2018年1月4日
3日までの音楽は「桑田佳祐 ひとり紅白歌合戦」以外には、ロッド・スチュアート、カエターノ・ヴェローゾ、ピアソラ・・・ふと気がつくとみんな男性。ほかにかけたCDといえば、Bach Trio。マンドリン、チェロ、ベースによるバッハ。これも演奏者3人とも男性。『葡萄』もきいたけど、これもサザン。『永遠のジャンゴ』がよかったので、音楽を担当している、ローゼンバーグ・トリオのCDを買おうと思ったら、日本ではあまり扱っているところがなく、アメリカのAmazonに4枚注文。これも3人とも男性。なんか、今年の音楽は男ばかりかよと思っていたら、酒井さんから4枚CDが送られてきた。
これがなんとも気の利いたセレクトで、ちょうど60年前、1958年に録音されたジャズのアルバム。どれも女性ヴォーカル。ジュリー・ロンドン、ジェリ・サザーン、ベヴァリー・ケニー、ルー・アン・シムズの4人。みんな1920年代後半から1930年代の生まれ。とても楽しい!
それにしても、ジュリー・ロンドンの目って、本当にこんな緑だったんだろうか? ネットで調べてみたんだけど、目がはっきり映ってる写真がなくて確かめようがなかった。ただ、Julie is her name 2のジャケットの目は本当にきれいな緑。そういえば、赤毛のアンも目は緑だったような。
翻訳のほうは、Sarah CrossanのOneを進めているところ。さて、〆切に間に合うかな。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM