2017/10/8(日)その2

卒ゼミ生の受賞作品が載っている文芸誌「すばる」を読んで、ついでにやはり文芸誌「文學界」を開いたら、巻頭に載っている詩がすごくおもしろかった。


マーサ・ナカムラの「鯉は船に乗って進む」。

 

雨が降っている
水しぶきが空気を裂く音と、
車のタイヤに巻かれる音を聞いているうちに、
わたしは船に乗って進んでいるような気持ちになった。

 

という最初の1連のあと、いきなり、

 

仏が茶を点てるというので、浅草寺まで見に行った。
雷門の外まで人が溢れている。賽銭箱の前まで回ってみると、
金槌ほどの大きさの仏が、怖い顔の僧侶に守られながら、
両肩いっぱいに力をいれて茶を点てている。
寒い日で、仏は映像を映し出す綿入れを着込んでいた。

 

という展開!

 

以下略。気になる人は、「文學界」を買おう。もちろん「すばる」もいっしょに。
詩集が出てたら、買わなくちゃと思って調べてみたけどまだ出てないらしい。現代詩手帖賞を受賞とのこと。早く、詩集、でないかなあ。


毎月恒例の、赧郡果蕕気鵑らのお知らせです。
***********************************************************

みなさま
猛暑より一転、初冬かと思うような今日この頃です。
おかわりなくお過ごしでしょうか。
いつもお世話になりありがとうございます。

 

◇8月定例公演は席を増やす盛況、9月の奈佐原文楽、奈々福企画「語りものパーステクティブ」、隣町珈琲ライブ、
そして10月7日の石川さゆり45周年記念リサイタル名古屋公演、すべて大入りという有難い日々でした。
おはこびの皆様に心より感謝申し上げます。

 

◇今後の予定
・10月14日(土)13時 大阪 国立文楽劇場 「東西名流舞踊鑑賞会」
第1部しゃべり山姥」ー八千代先生 、駒之助師、津賀寿さんという超豪華舞台でツレ弾きをさせて頂きます。
http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2017/1025.html?lan=j
・10月21日(土)13時 お江戸日本橋亭「女流義太夫10月公演」
義経千本桜初演から270年 すしやの段。綾之助師と(中)をつとめます。駒之助師もご出演、解説あります。ご予約大変多いそうです。
http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=10&year=2017#schedule825
・10月24日(火)19時 和塾本科お稽古 義太夫三味線のご指導します。会員制(若干名募集中)。
http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=10&year=2017#schedule889

 

◇お誘いあわせてのご来場を、どうぞよろしくお願いいたします。
寒暖の差の激しい毎日です、くれぐれもご自愛くださいませ。

 

鶴澤寛也
http://tsuruzawakanya.com/
Facebook、Twitterも「鶴澤寛也」でやっております♪

***********************************************************



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM