2017/3/22(水)

昨日は、ゼミの追いコンで、新宿へ。
みんな(留年組もふくめ)楽しそうで、なによりだった。
OB、OGもきてくれたし。


卒業生にはまた懇親会で会うことになっているのだが、「パンのシャツで一緒に写真を取りたいです!」といわれて、なんと、3月24日は、これまでと違って、スーツではなく、シャツ姿でいくことになりそう。
パンのシャツ=岡田嘉夫先生、オリジナルデザインのシャツ。これが素晴らしい。

 

一昨日、仕事部屋の冷蔵庫の霜取りをした。

 

この冷蔵庫、60×45僂曚匹両型。冷凍庫はおざなりについてはいるものの、氷やアイスは簡単に溶けてしまう。ただ、日本酒を冷やしておくには、ちょうどいい。仕事部屋の隅にちょこんと座っていて、机の下だから、邪魔にもならないし。1升瓶を3本、4合瓶を5本くらい入れておける。

 

もう20年以上使っていて、まったく故障知らず。
うちのエアコンや大型冷蔵庫に爪の垢を煎じて飲ませたいほどだ。

 

ただ、面倒なのは、年に何回か、霜取りをしてやらなくてはならないこと。
どうするかというと、電気を切って、ドアを開け放っておく。ただ、そのままだと、冷凍庫のまわりについた分厚い霜(氷)が溶けて流れてくるので、床が水浸しになる。1回につき、たっぷり洗面器一杯分くらいは出る。

 

というわけで、油断がならないのだ。

冷蔵庫の冷凍庫(13×15僂らい)のまわりに分厚く固まった霜・氷が溶けると、なかなかの量になる。
まあ、そこまでためずに、早めに霜取りをすればいいんだけど、なかなか。

 

いや、それはいいのだ。今回、何を書きたかったかというと、好きな日本酒のこと。

 

このところ冷蔵庫には、いろんなお酒があって、それこそ、新政もあれば(これはなかなか栓を開けられないでいる)、島根の池月もあれば、その他、様々なのだが、じつは、ほとんど知られていないんだけど、ここ数年ひいきの酒があって、それを紹介したかったのだ。

 

千葉県、君津の森酒造の「飛鶴 原酒 しぼりたて生酒」、これがおいしい。
もう、4、5年前、卒ゼミ生が飲み会にやってきて、置いていったのが、この4合瓶。ラベルはなくて新聞紙に包んであった。これが、おいしかった。


ただし、万人向けの味ではなく、ちょっと癖があって、コクがあって、個性的なのだ。まあ、好きか嫌いか、はっきりと分かれる酒だと思う。


ぼくはこれがとても好きで、この頃になると、1升瓶を3本くらい送ってもらう(たくさん頼んでも冷蔵庫に入らない)。ただ、9月か10月にはなくなってしまうので、それが残念。


注文するときには、一緒に、「飛鶴の粕漬け」も注文する。奈良漬けはちょっと甘いんだけど、ここの粕漬けは、きりっとしていて、とてもおいしい。酒の肴にも合う。


日本酒のお好きな方は、「飛鶴 原酒 しぼりたて生酒」と、ここの粕漬けを試してみてほしい。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM