2018年11月17日

12日にドゥマゴ賞授賞式があって、初めて出席。選考委員は大竹昭子、受賞作は九螺ささらの『神様の住所』(朝日出版社)。
この授賞式がほかの文学賞の授賞式とちがうのは、選考委員と受賞者の1時間以上にわたる対談があること。これがとてもおもしろかった。質問するほうも本気だし、答えるほうも本気だし、内容の濃さに驚いてしまった。並のイベントには見られない真剣さが漂っていて、言葉をめぐるやりとりがとてもスリリングだった。
ほとんどの文学賞の授賞式は、選考委員による選考経過の紹介と、受賞者の短い受賞の言葉で、あとは、主催者や来賓のほとんど記憶に残らない祝辞で終わるのだが、考えてみれば、こんなもったいないことはない。選考委員と受賞者による対談か鼎談を1時間くらいたっぷりきかせてはどうだろう。
ドゥマゴ賞授賞式、だれが受賞するかによりけりだけど、来年もいこうかなと思ってしまった。
九螺ささらについていえば、『神様の住所』も素晴らしいけど、第1歌集の『ゆめのほとり鳥』(書肆侃々房)がいい!
今日は余裕がないので、2首だけ紹介しておこう。

 

ひとすじに飛び込み台から落ちてゆく人の形をした午後の時間
手袋を植えた場所からさよならが生えてきてそよそよ戦@そよ@いでいる

 

ほかにもたくさん、紹介したい歌があるんだけど、それはそのうちまた。

長いこと、近況報告をさぼっていると、紹介したい本や映画がたまってしょうがない。
ちょうどいま公開されているマイケル・ムーアの『華氏119』がすごい。
痛烈なトランプ批判の映画なんだけど、攻撃の矛先はクリントンにも向けられる。そして、ぐだぐだいうばかで何もしないわれわれへも。いまはもう、行動あるのみ!
この映画は単なるトランプ批判の映画ではなくて、行動する人々もちゃんと取り上げている。たとえば、高校生を中心にした銃器規制を求める運動。このなかで、ひとりの高校生が、ある議員に向かって、「じゃあ、ライフル協会からはもう献金はもらわないんですか」と質問するところとか、思わず息を飲んでしまった。
あと、ある州のある郡(?)で起こった教員の待遇改善を求めるストライキが瞬く間に州全体に広がり、アメリカ中に広がっていくところを取材したところも素晴らしい。そうだ、教員もストをしろ! いまの日本の先生たちが、あんなに劣悪な条件と状況のもとでなんで黙っているのかがわからない。本当にいい教育を子どもたちに受けさせたいなら、教員数を2倍にして、給料を2倍にしろといいたい。
とにかく、『華氏119』は必見。

それで、ぼくの訳した本なんだけど、『リズムがみえる』まで紹介してそのあと、何冊か出てるんだけど、今日はここまで……と思ったけど、試写会でみた『家@うち@へ帰ろう』(パブロ・ソラルス監督)がとてもよかった。アルゼンチンにいるユダヤ人のおじいちゃんが、ひとり、親友に会おうとポーランドの生まれ故郷にもどる話……なんだけど、この88歳のおじいちゃんが、むちゃくちゃ頑固で、意固地で、そのうえ抜け目がないくせに、どこか抜けている。しょっぱなから、iPhoneをほしがる生意気な孫娘を出し抜いたつもりで、出し抜かれたりして。アルゼンチンからの飛行機のなかで、隣に座っている若者にいやがらせをして、ほかの席に移らせて、3席使って寝転がったのはいいものの、税関で、その若者が困っているのをみて仕方なく、助けるはめになったり。マドリッドの安ホテルに泊まって、金を盗まれて、そこに住んでいる、かつて勘当した娘に会いにいって、勘当したことを心から悔やんでいるのに、娘には「ああ、お金がほしかっただけなのね」とかいわれてしまうし。とにかく不器用なのだ、このおじいちゃんは。そもそも、陸路でポーランドまでいくというのに、ドイツは絶対に通りたくないとかごねるし。「ポーランド」という言葉さえ口にするのがいやで、話す相手には紙に書いてみせるし。困っているのを見かねて助けようとするドイツ人女性には、絶対に口をきこうとしないし。
このおじいちゃんの表情がいいのだ。字幕じゃなくて、吹き替えでみてみたい、おじいちゃんの表情をずっと追ってみてみたいと思わせる作品。


2018年11月13日

天野健太郎さんが亡くなった。
こないだ台湾文化センターで、東山彰良さんとトークをしたとき、控え室に挨拶にいったら、とてもやせていて、顔色が悪くて、驚いたんだけど、まさか、という感じ。
今日、ちょっと用事があって大学にいった帰りのバスで、そんな知らせが入っていた。まだ、いろんなことを教えてほしかったし、ゆっくり台湾の話をききたかったのにな。
 


2018年10月27日

このところ、ぼくの報告はなく、ほかの人の案内ばかりで、すいません。映画のことや、歌集、句集のことや、ぼくの新刊のことなど、書きたいことは山ほどあるのですが……。
あと1週間か10日すれば、立ち直れると思うのですが、とにかく首が回らない状態のまま。とはいえ、今夜は、というか26日の夜は、三味線のお師匠さんの邦楽のコンサートがあっていってきました。
というわけで、赧郡果蕕気鵑里知らせです。


みなさま

朝晩はだいぶ冷え込み、虫の音に秋を感じるこの頃です。
いつもお世話になりありがとうございます。
おかげさまで、9月定例公演、乙女文楽公演、舞踊会など無事終了、特に乙女文楽公演は3公演とも超満員でありがたいことでした。
お運びのみなさまにお礼申し上げます。

今後の主な予定をお知らせいたします。

・じょぎ公演 ◇11月1日(木)/ 2日(金)18時半 上野広小路亭 「一谷嫩軍記」組討 越里・寛也 ※前後を二日に分けて演奏
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1007

・女流義太夫と上方舞 ◇11月7日(水)14時 COREDO室町3 橋楽亭 「花競四季寿」万歳、「艷容女舞衣」酒屋 越孝・寛也・山村若静紀 ★残席僅か
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1051

・21世紀の音の波間で ◇11月9日(金)18時45分 ムジカーサ 「三味線メドレー」寛也・津賀花
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1055

・神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018 ◇11月11日(日)11:55〜12:10 13:25〜13:40 15:15〜15:30 神楽坂毘沙門様境内特設舞台・講釈場「お話と演奏」越孝・寛也 浪曲ー奈々福・豊子 ※無料
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1068

・女流義太夫12月公演◇12月15日(土)13時半 紀尾井小ホール 「仮名手本忠臣蔵」身売り 越若・寛也 ※古今亭志ん輔師特別出演!忠臣蔵に因んだ人情噺「中村仲蔵」
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=12&year=2018#schedule972

11月上旬に公演・イベントが重なってしまっていますが、どちらも面白いのでどうぞお誘いあわせてのご来場をよろしくお願い申し上げます。
お申し込みは寛也まで。11月11日の神楽坂イベントは屋外で申し込みご不要です。

鶴澤寛也
http://tsuruzawakanya.com/
Twitter、Facebookもやってます♪ (Instagramやめました)

 


2018年10月22日

赤木かんこから、「拡散してね」というメールがあったので。

 

お知らせ

平成も終わるので、20世紀からいままでの、児童文学の集大成の連続講座を企画しました。
やはり昭和は遠くなりにけり、で、おそらくいまの40代からしたの方たちは、司書であっても、ケストナーもリンドグレーンも読んでない……のではないでしょうか?
いままでみたいに全部読まなくても構いませんが、基礎知識は必要であろうと思います。
これからいよいよIT社会になり、いままでの(2016年までの)時代は“過去”になるでしょう……。
かつて、我々が、明治と大正を捨てたように……ジルバ、やミルクホール、を捨てたように……過去は殿堂入りを果たし、私たちはそのなかからまた使えるものを拾い、仕立てなおして新しいものを作るのです。なので一度、総括、をしておいたほうがいいと思いました。
本の寺子屋、復活です。
内容的には
1)
SF……スペースオペラから哲学への転換
2)
ミステリー……誰が殺したの?からなぜ殺したの?へ
3)
ホラー……児童虐待から快楽殺人まで
4)
ファンタジー……子ども部屋からヤングアダルトへ、それからハリー・ポッターへ
5)
児童文学における女性の自立運動1950年代「ネズミ女房」から1990年代山岸凉子の「メディア」まで。
6)
ヤングアダルトの台頭と消滅
7)
ドキュメンタリー……アダルトチルドレンの発見
8)
少女マンガはなにを描いていたのか?
9)
少年マンガの変遷……ドラゴンボールはなぜ受けなくなったのか
10)
2017年、世界は変わった……学術系マンガの台頭

という風に考えていますが、もちろん変わる可能性は大です。
その
第1回めは、このなかから
「SF」
です。
2019年1月19日土曜日午前中……。
会場は西国分寺にある都立多摩図書館です。
料金はすみません、値上げさせてください。
一人2800円です。
定員30人なので、参加したい方はお早めにご連絡を……。
では、お待ちしています。


2018年10月4日

2週間のごぶさたでした。じつは、あれこれあって大変でした……というか、現在進行形なんだけど。4つくらい面倒なことが重なると、さすがにしんどい。まあ、年かも。昔は、そういうときこそ、仕事が進んだような気がする。
そのなかで最もいやなのは、今年の1月に、すぐ近所にできたプレハブ2階建ての建築物。このあたりは低層住専地区で、倉庫や作業場は作れない。そのうえ、基礎工事をしていない。そもそも建築申請を出していない。現在、市役所の人が、「使用禁止」の赤い貼り紙をプレハブにべたべた貼っているというのに、平気で作業をしている。あまりに腹立たしいので、回覧板で近所の一太刀に状況を説明したり、署名を集めて、市長に撤去してほしいとの要望書を出したりしたものの、まだ返事がこない。
家族のことや自分のことに関しては、どんなに大変なことでも納得できるし、納得するほかないけど、こういう理不尽なことは納得できないし、なによりストレスになる。
なんで、こんな愚痴を書いているかというと、こういった理不尽の何百倍、いや、何億倍もストレスフルな差別を受けている人々がいるということを、つい思い出してしまうからだ。そして理不尽に殺されていく人もたくさにいるし。
いま、野沢佳織さんとの共訳で、『リビアの小さな赤い実』の作者、ヒシャム・マタールの自伝的な作品を訳しているところなんだけど、あちこちで、立ち止まって、考えこんでしまった。カダフィ政権下での暴政、殺戮が、穏やかだが、とてもリアルな文体で描かれていく。これはいい作品です。


8月末〆切の大きな仕事をふたつ、9月末まで待ってもらうことにしたというのに、そのうちのひとつの〆切を、こないだ編集さんに連絡して、10月末まで、さらにのばしてもらった。こんなことは初めてで、かなりへこんでいるところ。映画もあまりみられないし、本もあまり読めてなくて、さらにストレスがたまるなか、うれしいのは、『リズムがみえる』(サウザンブックス)が一般発売になった。ちょっと高いけど、満足度は120%くらい。
もうひとつうれしかったのは、『記憶における沼とその他の在処』(岡田一実)という句集の帯文を書かせてもらったこと。詩や短歌はときどき読むんだけど、俳句はいまひとつ遠い存在だったのが、この句集のおかげで、ぐっと近づいたような気がする。この句集については、そのうちまた、少し書く予定です。乞うご期待。そうそう、小説やエッセイ集の帯文はよく頼まれるんだけど、詩歌の帯文はこれが初めて。この帯文、力が入ってます。
こういうことは重なるのか、今度は歌集の帯文を頼まれてしまった。これについても、いずれ、そのうち。


というわけで、たまっている仕事にもどります。


| 1/65PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM