2016/12/7(水)

講演会のお知らせです。

以下の通り……なのですが、なんと、定員400名!

 

ぼくの集客力は、せいぜい80人がいいところなので、このままでいくと、がらがらになってしまう可能性大です。

 

そもそも、なんでこんな大きな会場でやることになったかというと……長くなるので省略しますが、講演会で最初にお話しします。

 

いつもなら、お時間のあるかたはどうぞいらっしゃってください……というところなのですが、今回は、時間があってもなくても、ぜひきてください!

 

1 日 時 平成29年 1月20日(金)14:00〜16:00(受付13:30〜)
2 内 容 講演「本のワクワク」 講師:金原瑞人(翻訳家 法政大学教授)
3 場 所 川崎市宮前市民館 ホール
(川崎市宮前区宮前平2−20−4)
4 定 員 400名(一般参加者を含む)
5 締 切 平成29年1月18日(水)
詳細は
神奈川県図書館協会(申込みフォームあり) http://urx2.nu/A9tt


2016/12/1(木)

先月公開になった、『五日物語』、今年最高のファンタジー映画です。ぜひ!
ただし、不気味で、グロテスクなところもあちこちにあって、NOT FOR KIDS! 『パンズ・ラビリンス』的世界だけど、もっとファンタスティック。
あくまでも大人のためのダークファンタジー。


あと、こないだ試写会でみた、『ストーンウォール』もよかった。1969年のニューヨークで起こったゲイの人々の反乱を描いた映画。舞台はゲイがillegalだった時代のアメリカ。ヒロイン(?)役のジョニー・ボーシャンが素晴らしい。

 

毎月、恒例の寛也さんからのお知らせです。
***********************************************************

みなさま

雪が降ったりあたたくなったりと相変わらず不安定な気候が続きます。
いつもお世話になりありがとうございます。
おかげさまで10月の若静紀さんの会も大入り、11月東京成徳大学も無事終了、また久々のFMの録音もなんとか終わりました。

12月の予定です。
・12月3日(土)【日本観光研究学会シンポジウム】パネルディスカッション登壇http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=12&year=2016#schedule773
・12月14日(水)、再15日(木)【邦楽のひととき NHK-FM】寺子屋の段http://www4.nhk.or.jp/hitotoki/(14日11時20分、15日5時20分)
・12月17日(土)【女流義太夫12月公演 仮名手本忠臣蔵】身売りの段http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=12&year=2016#schedule705

前売り情報
・1月15日(日)【弓弦葉の会】新口村、団子売http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=1&year=2017#schedule768
・1月20日(金)【女流義太夫1月公演】新吉原揚屋http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=1&year=2017#schedule720
・2月18日(土)【乙女文楽】道行初音旅http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=2&year=2017#schedule783
・3月1日(水)【のうじょぎろう】順礼歌http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=3&year=2017#schedule776
・4月16日(日)【はなやぐらの会】道春館http://tsuruzawakanya.com/schedule?month=4&year=2017#schedule724

どうぞ皆様お誘いあわせてのおはこびを、よろしくお願いいたします。
天候不順の折お風邪など引かれませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。

鶴澤寛也
http://tsuruzawakanya.com/
Twitter、Facebookも、鶴澤寛也でやってます!

***********************************************************


2016/11/28(月)

カリフォルニアの角谷くんからのメールです。

 

************************************************************

こんにちは。HPで見て、絵本賞のサイトに。『もう、ねるんだってば!』のカバーのイラストに見覚えが。調べたら、『Goodnight Already!』。小学校の図書館にあります。面白いですよね。こないだ、『The Hallo-weiner』を読んでいる生徒がいて、「この本、読んだことある?」と聞くと、去年、担任の先生がクラスで読んで以来、彼の好きな本とのこと。「僕の息子も好きやで。僕の友達、翻訳家で英語の本を日本語に訳しとうけど、この本もその人が訳してんで」って言うたら、図書館内でのヒソヒソ声をキープしながらも大興奮。「この、僕の好きな本が、日本語になって日本でも読まれとうなんて!」パーシー・ジャクソンのシリーズも「僕の友達が日本語に訳しとうねんで」って言うたことがあるけど、大体読むのが高学年。「ふ〜ん、あっそ」みたいな反応で、僕もよく考えればそれ以上にネタもなく、会話が続かず気まずい雰囲気に。『Goodnight Already!』は低学年向きなので、『The Hallo-weiner』の時のような反応も期待出来る。ま、反応を見よう、とか、話すきっかけを、とかいう誤解されそうな意図は勿論なく、その本のちょっとしたネタを与えて、より興味を持ってもらおう、って思うだけなんやけど。
角谷

*************************************************************


2016/11/26(土)

池袋ジュンク堂でイベント(対談)があります。

対談相手は豊崎さん。

よかったら、ぜひ、遊びにきてください。

 

詳しくはこちら

***********************************************************

『大人のためのコミック版世界文学傑作選』刊行記念トーク コミックで世界文学は語れるか!?

 

開催日時:2016年12月01日(木) 〜

 

豊崎 由美(フリーライター、書評家)

金原 瑞人(翻訳家、英文学者)

 

19:00開場

19:30開演

 

コミックで古今東西の世界文学47編を表現した本が金原瑞人氏の訳で刊行されまし
た!! 『ガリヴァー旅行記』のような超有名作品もあれば、トマス・ピンチョンの知
られざる習作も含む、多彩なラインナップ。「原作の雰囲気をどの程度表している
か」という評価から「なんで、よりによってこの場面を取り上げた?」という違和感
まで。世界文学に精通した辛口のお二人がざっくばらんに語り合います。

豊崎氏は今までの海外マンガのなかで「おすすめのグラフィック・ノベル」も紹介し
ます。

はたしてコミックと世界文学の融合は成功するのでしょうか?

***********************************************************


2016/11/25(金)

なんと、日本絵本賞読者賞に初めてノミネートされました。
『もう、ねるんだってば!』という絵本です。
もし、読んでみて、おもしろいじゃんと思ったら、ぜひ投票してください。
◎公式サイトはこちら

投票用紙のダウンロードなどもできます。


| 1/46PAGES | >>