2018年10月4日

2週間のごぶさたでした。じつは、あれこれあって大変でした……というか、現在進行形なんだけど。4つくらい面倒なことが重なると、さすがにしんどい。まあ、年かも。昔は、そういうときこそ、仕事が進んだような気がする。
そのなかで最もいやなのは、今年の1月に、すぐ近所にできたプレハブ2階建ての建築物。このあたりは低層住専地区で、倉庫や作業場は作れない。そのうえ、基礎工事をしていない。そもそも建築申請を出していない。現在、市役所の人が、「使用禁止」の赤い貼り紙をプレハブにべたべた貼っているというのに、平気で作業をしている。あまりに腹立たしいので、回覧板で近所の一太刀に状況を説明したり、署名を集めて、市長に撤去してほしいとの要望書を出したりしたものの、まだ返事がこない。
家族のことや自分のことに関しては、どんなに大変なことでも納得できるし、納得するほかないけど、こういう理不尽なことは納得できないし、なによりストレスになる。
なんで、こんな愚痴を書いているかというと、こういった理不尽の何百倍、いや、何億倍もストレスフルな差別を受けている人々がいるということを、つい思い出してしまうからだ。そして理不尽に殺されていく人もたくさにいるし。
いま、野沢佳織さんとの共訳で、『リビアの小さな赤い実』の作者、ヒシャム・マタールの自伝的な作品を訳しているところなんだけど、あちこちで、立ち止まって、考えこんでしまった。カダフィ政権下での暴政、殺戮が、穏やかだが、とてもリアルな文体で描かれていく。これはいい作品です。


8月末〆切の大きな仕事をふたつ、9月末まで待ってもらうことにしたというのに、そのうちのひとつの〆切を、こないだ編集さんに連絡して、10月末まで、さらにのばしてもらった。こんなことは初めてで、かなりへこんでいるところ。映画もあまりみられないし、本もあまり読めてなくて、さらにストレスがたまるなか、うれしいのは、『リズムがみえる』(サウザンブックス)が一般発売になった。ちょっと高いけど、満足度は120%くらい。
もうひとつうれしかったのは、『記憶における沼とその他の在処』(岡田一実)という句集の帯文を書かせてもらったこと。詩や短歌はときどき読むんだけど、俳句はいまひとつ遠い存在だったのが、この句集のおかげで、ぐっと近づいたような気がする。この句集については、そのうちまた、少し書く予定です。乞うご期待。そうそう、小説やエッセイ集の帯文はよく頼まれるんだけど、詩歌の帯文はこれが初めて。この帯文、力が入ってます。
こういうことは重なるのか、今度は歌集の帯文を頼まれてしまった。これについても、いずれ、そのうち。


というわけで、たまっている仕事にもどります。


2018年9月16日

 

昨日、10時半から三味線の稽古で南阿佐ヶ谷へ。曲は杵屋正邦の『太鼓の曲』。三味線の二重奏曲で、すこぶる難曲。北極で弾いても難曲(このダジャレは、昔、ラジオできいた覚えがある。ぼくのオリジナルではありません)。作曲家の角さんとふたりでもう半年、いや一年近くやってるかも。えらく難しい。♩=144から始まって、最後は184、最後の最後は「極端に速くなる」。
1時間15分くらい稽古。そのあと、12時半から朝日カルチャーセンターで絵本の翻訳講座があるので、昼ご飯を食べる時間がなく、サンドイッチとメロンパンを買って住友ビルに到着。ぎりぎりになりそうなので、担当者にはメッセージを送っておいた……んだけど、その担当者が、ぼくの顔をみるなり、「すいません」。
「あ、いやいや、こちらこそ、遅くなってごめん。パンは休憩時間にと思って……」
「先生、今日じゃなくて、来週なんです」
「?」
手帳を確認したら、9月15日(土)の12:30から4時と書きこんである。そう、この講座があるから、その前に三味線の稽古を入れたのだ。しかし、担当者が間違うはずがない。自分の書きこみ間違いにちがいない。(うちに帰って、調べてみたら、ぼくのほうから、「9月22日か10月13日ならOKです」、というメールを出していて、9月22日に決まったことが判明)
講座や講演やイベントで日にちを間違えたのはさすがに、これが初めて。いよいよ焼きが回ったらしい。
ところが22日の朝から夕方まで、しっかりほかの用事を入れてあって、さっき、「ごめんなさい」のメールを送ったところ。怒られそう。
というご報告でした。ぼくの講座や講演やイベントを担当している方は要注意です。

 


2018年9月8日

 

いきなりですが映画修了後の20分トークに出ます。
なんと、今日の午後。今日は何をしようなどと考えている方はぜひ!
とても考えさせられるいい映画です。


https://ttcg.jp/human_yurakucho/topics/2018/08251356_4444.html
9月8日(土)14:00の回『ヒトラーと戦った22日間』
上映終了後にトークイベント
場所:ヒューマントラストシネマ有楽町


2018年8月27日

2018年8月27日
ときどきメールでやりとりしているモヒカン少女から、いきなり、こんなのがきた。


ちょ! 欅坂の子がアレックス・シアラーの青空のむこうをラジオでリスナーに勧めてた!
これ見てこれ↓証拠↓
やばくない?


といって、教えられたサイトにいってみたら、欅坂46 の菅井友香さんが、読書感想文におすすめの愛読書としてアレックス・シアラーの『青空のむこう』を紹介してくれたとのこと。早速、欅坂ファンの孫にLINEで知らせた。読むかなあ。


2018年8月24日

2018年8月24日
今回はお知らせがふたつ。
まずひとつ目は、山尾悠子さんの新作『飛ぶ孔雀』をめぐっての対談。

9月29日(土)14時スタート(開場13時半)
東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
 https://books.bunshun.jp/articles/-/4388


ふたつ目は、「BOOKMARK」12号記念鼎談。原田勝さん、三辺律子さんとぼくの3人で、「BOOKMARK」に限らず、いろんな翻訳について話そうという企画。

9月9日 (日) 時間14:00(開場13:30)
青山ブックセンター
http://www.aoyamabc.jp/event/bookmark12/

どちらも、説明不要だと思います。
たぶん、おもしろい……はず。

 

そうそう、まったく別件でひとつ。
金原ゼミに4年ほど前からときどき参加していた長谷川まりるさんが、講談社児童文学新人賞の佳作に選ばれました。新人らしい、意欲的な作品です。本になるのが待ち遠しい。

http://ehon.kodansha.co.jp/literature_award/report/2018/c.html


| 1/65PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM