2017/9/24(日)

海老名市立図書館で講演をします。
10月29日の午後。
演題は「海外文学の魅力」。
詳細はこちら

 

海老名での講演は初めてです。
ご近所のかたはぜひ!


2017/9/18(月)

11月21日発売予定の『通訳・翻訳ジャーナル』(2018年冬号)で、ぼくの「訳書500冊突破記念インタビュー」を実施してくださるそうです。


その質問を募集中とのこと。なんでもきいてみてください。答えられることなら、なんでもお答えします。

 

詳細は通翻ジャーナルの質問募集ページを。


2017/9/15(金)

教文館ナルニア国(東京・銀座)でのイベントのお知らせです。


テーマは、なんと、「ほんとうに新訳のほうがいいいの?」

 

「BOOKMARK」8号で新訳の特集を組んだら、早速、ナルニア国の菅原さんが「わたしは、一概にそうとも言えないような気がするんだけど……」というメールを送ってきて、何度かやりとりをするうちに加熱してしまい、「じゃあ、うちにきて話してよ」ということになってしまった。

 

というわけで、ほんとうに新訳のほうがいいのかどうか、それについて話すことになりました。

 

新訳賛成派の方も、反対派の方も大歓迎です。翻訳について考えるというのも、たまにはおもしろいと思います。
どうぞ、遊びにきてください。

 

11月1日(水)18時〜19時半

受付は9月22日からです(まだ始まっていません)。

詳細はこちらを。


2017/9/6(水)

10年ほどまえに卒業した、うちのゼミの女の子からうれしい知らせが入りました。

 

時事ドットコム記事より

****************************

第41回すばる文学賞(集英社主催)は5日、神奈川県在住の山岡ミヤさん(31)の「光点」に決まった。賞金100万円。佳作には岐阜県在住の兎束まいこさん(34)の「遊ぶ幽霊」を選んだ。賞金50万円。受賞作は10月発売の「すばる」11月号に掲載される。贈賞式は11月17日、東京都千代田区の帝国ホテル東京で。(2017/09/05-20:29)

****************************


2017/9/2(土)

今日は夕方、札幌へ。明日、図書館関係の講演。


『天の川銀河発電所 Born after 1968』(佐藤文香・編著、左右社)を持っていく。昨日、読みかけたら、止まらない。1968年生まれ以降の俳人55人の秀句を抜粋して並べたもの。


最近、短歌がおもしろいのは知ってたけど、なんと、俳句まで!

そのうち、ちゃんと紹介します。だけど、ぼくの紹介などあてにせず、まず買ってください! 読んでください!


山田航の短歌アンソロジー『桜前線開架宣言 Born after 1970』(左右社)の俳句版。
 


| 1/52PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM