2018年11月29日


ビッグニュースです。
「BOOKMARK」の1号から12号までの表紙が2019年のカレンダーになりました。
A4サイズ(横)で、左側に縦長の表紙の絵、右側の上半分にその号で取り上げた本の書誌情報(タイトル、作者、訳者、出版社、定価)。下半分がカレンダーです。お勧めの本、200冊が1年間に封じこめられています。その月には、そこにあがっている本のうち、読んでいないものを読む……とか、絶対に楽しいと思います。
ぜひ、来年の机の上か、壁に!!
価格は 1冊 1,080円
送料は 6冊まで一律 360円
サイズはA4ヨコ
【BOOKMARKカレンダー申込方法】
??個人申込の方
末尾のサイトの下部の「CONTACT ME」から件名を「BOOKMARKカレンダー希望」としてお申込みください。
用件欄に
・お名前
・ご住所
・電話番号
・必要部数
をご記載ください。
*カレンダーは5冊まではレターパックライトでの発送となりカレンダーの代金+360円となります
*振込先等、3日以内に返信させていただきます。
https://www.mono-site.com/about-me


【BOOKMARKカレンダー申込方法】
??店舗等でのお取り扱いをご検討いただける方
末尾記載のサイトの下部の「CONTACT ME」から件名を「BOOKMARKカレンダー取り扱いの件」としてご連絡ください。
用件にご担当者さまのお名前をご記載ください。
取引条件等を(3日以内に)返信させていただきます。
https://www.mono-site.com/about-me


それから、赧郡果蕕気鵑らのお知らせです。
**********************

みなさま

はや晩秋、紅葉も見頃となってきました。
いつもお世話になりありがとうございます。
怒涛の11月でしたが、おかげさまでどちらの公演も盛況のうちに終えることができました。
お運び下さったみなさまに心よりお礼申し上げます。
今後の主な予定をお知らせいたします。

・12月1日(土)13時 女流義太夫演奏会 東京成徳大学東京キャンパス(十条) 「壺坂観音霊験記」山の段 土佐恵・寛也・弥々 ※入場無料 語りワークショップありhttps://tsuruzawakanya.com/schedule?month=12&year=2018#schedule1084

・12月15日(土)13時半 女流義太夫12月公演 紀尾井小ホール 「仮名手本忠臣蔵」身売り 越若・寛也 ※古今亭志ん輔師特別出演「中村仲蔵」
★残席少なくなってきました。お早目に!
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=12&year=2018#schedule972

・1月13日(日)13時 第5回弓弦葉の会 紀尾井小ホール 「一谷嫩軍記」組討 越孝・寛也 / 「東海道中膝栗毛」古寺 越孝・寛也・津賀花・八王子車人形 西川古柳座 ※敦盛最期&弥次喜多、悲劇&喜劇。弥次喜多は車人形出演です。
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=1&year=2019#schedule1080

・1月20日(日)13時半 女流義太夫初春公演 日本橋亭 「釣女」綾之助・寛也ほか
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=1&year=2019#schedule968

◇前売情報
・4月7日(日)14時 第17回はなやぐらの会 ☆12月15日よりチケット発売!12月15日女流義太夫公演のロビーでも販売いたします。
https://tsuruzawakanya.com/schedule?year=2019&month=04#schedule1034

・4月23日(火)14時 第2回女流義太夫と上方舞 ☆受付中!
https://tsuruzawakanya.com/schedule?year=2019&month=04#schedule1087

どうぞお誘いあわせてのご来場をよろしくお願い申し上げます。
なお12月1日の東京成徳大学の演奏会は無料&お申込不要です。

鶴澤寛也
http://tsuruzawakanya.com/
Twitter、Facebookやってます♪ Instagram再開しました♪

 


2018年11月26日

しばらくのごぶさたでした。
まず、イベントのご案内を。


ブックファースト新宿店地下2階Fゾーンイベントスペース
12/1(土)15:00〜17:00
幻想短編集『エイリア綺譚集』(国書刊行会刊)の刊行を記念して、著者の高
原英理さんとゲストにご友人の金原瑞人さんを迎え、幻想文学や澁澤龍彦をめ
ぐるトークショー&サイン会を開催いたします。
詳細は
http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html#a_1384
を。


いやあ、高原さんと対談できるとは! いったいどんな話で盛りあがって、ど
んな話で盛り下がるのか、まったく予想も予測もつかない。
ぜひ、遊びに来てください。


それから、ずいぶん昔、文化学院で教えていたときの学生さんのひとり、辻恵
子さん(現在、イラストレーターとして活躍中)から久しぶりにメールがき
た。それも、台湾文化の伝道者・メッセンジャーボーイ、天野健太郎さんの件で。


金原先生こんばんは。天野健太郎さん、お亡くなりになりましたね。
11/12に、すい臓がんで亡くなったそうで本日お葬式だったようです。
愛知だったのでいかれませんでしたが・・・。
最後のやりとり、なんだったかなあ、と受信箱のぞいて見てたとこ。
金原先生と通じるような印象だったので、いつか紹介できたらと思っていた
ら、翻訳家の集いのような動画を見つけて、金原先生の後に天野さんが登壇、
と。
ああ、なんだ、お節介せずとも会えてた!と、ちょっと嬉しかったです。


それで、ぼくから、


辻さんも会ったことある?
ぼくは、何度かイベントに出てもらったこともあるし、いっしょに飲んだこと
もあるし。
とてもエネルギッシュに台湾文化を紹介してくれてて、頼もしい人だったんだ
けど。
ちょうど2週間前、台湾文化センターで、東山彰良さんと対談しているのをみ
たのが最後かな。控え室に挨拶にいったとき、やせてて顔色がずいぶん悪かっ
たから、心配してたんだけど。


というメールを返したら、こんな返事が。

 

天野さん、喫茶店の常連仲間だったんですよね。
もうその店には久しく行ってなかったので数年会っていないけれど、香港の新聞に私の絵が盗用されてた時に愚痴
を聞いてもらったりした仲です。
まだ通訳・天野健太郎みたいな感じで翻訳家になる前からか。ブログ記事:
https://tsujikeiko.blogspot.com/search/label/Amano%20Kentaro


このブログ記事がとてもよかったので、辻さんに、ぼくのHPで紹介してもいい
ときいたら、OKとのこと。読んでみてください。

 


2018年11月17日

12日にドゥマゴ賞授賞式があって、初めて出席。選考委員は大竹昭子、受賞作は九螺ささらの『神様の住所』(朝日出版社)。
この授賞式がほかの文学賞の授賞式とちがうのは、選考委員と受賞者の1時間以上にわたる対談があること。これがとてもおもしろかった。質問するほうも本気だし、答えるほうも本気だし、内容の濃さに驚いてしまった。並のイベントには見られない真剣さが漂っていて、言葉をめぐるやりとりがとてもスリリングだった。
ほとんどの文学賞の授賞式は、選考委員による選考経過の紹介と、受賞者の短い受賞の言葉で、あとは、主催者や来賓のほとんど記憶に残らない祝辞で終わるのだが、考えてみれば、こんなもったいないことはない。選考委員と受賞者による対談か鼎談を1時間くらいたっぷりきかせてはどうだろう。
ドゥマゴ賞授賞式、だれが受賞するかによりけりだけど、来年もいこうかなと思ってしまった。
九螺ささらについていえば、『神様の住所』も素晴らしいけど、第1歌集の『ゆめのほとり鳥』(書肆侃々房)がいい!
今日は余裕がないので、2首だけ紹介しておこう。

 

ひとすじに飛び込み台から落ちてゆく人の形をした午後の時間
手袋を植えた場所からさよならが生えてきてそよそよ戦@そよ@いでいる

 

ほかにもたくさん、紹介したい歌があるんだけど、それはそのうちまた。

長いこと、近況報告をさぼっていると、紹介したい本や映画がたまってしょうがない。
ちょうどいま公開されているマイケル・ムーアの『華氏119』がすごい。
痛烈なトランプ批判の映画なんだけど、攻撃の矛先はクリントンにも向けられる。そして、ぐだぐだいうばかで何もしないわれわれへも。いまはもう、行動あるのみ!
この映画は単なるトランプ批判の映画ではなくて、行動する人々もちゃんと取り上げている。たとえば、高校生を中心にした銃器規制を求める運動。このなかで、ひとりの高校生が、ある議員に向かって、「じゃあ、ライフル協会からはもう献金はもらわないんですか」と質問するところとか、思わず息を飲んでしまった。
あと、ある州のある郡(?)で起こった教員の待遇改善を求めるストライキが瞬く間に州全体に広がり、アメリカ中に広がっていくところを取材したところも素晴らしい。そうだ、教員もストをしろ! いまの日本の先生たちが、あんなに劣悪な条件と状況のもとでなんで黙っているのかがわからない。本当にいい教育を子どもたちに受けさせたいなら、教員数を2倍にして、給料を2倍にしろといいたい。
とにかく、『華氏119』は必見。

それで、ぼくの訳した本なんだけど、『リズムがみえる』まで紹介してそのあと、何冊か出てるんだけど、今日はここまで……と思ったけど、試写会でみた『家@うち@へ帰ろう』(パブロ・ソラルス監督)がとてもよかった。アルゼンチンにいるユダヤ人のおじいちゃんが、ひとり、親友に会おうとポーランドの生まれ故郷にもどる話……なんだけど、この88歳のおじいちゃんが、むちゃくちゃ頑固で、意固地で、そのうえ抜け目がないくせに、どこか抜けている。しょっぱなから、iPhoneをほしがる生意気な孫娘を出し抜いたつもりで、出し抜かれたりして。アルゼンチンからの飛行機のなかで、隣に座っている若者にいやがらせをして、ほかの席に移らせて、3席使って寝転がったのはいいものの、税関で、その若者が困っているのをみて仕方なく、助けるはめになったり。マドリッドの安ホテルに泊まって、金を盗まれて、そこに住んでいる、かつて勘当した娘に会いにいって、勘当したことを心から悔やんでいるのに、娘には「ああ、お金がほしかっただけなのね」とかいわれてしまうし。とにかく不器用なのだ、このおじいちゃんは。そもそも、陸路でポーランドまでいくというのに、ドイツは絶対に通りたくないとかごねるし。「ポーランド」という言葉さえ口にするのがいやで、話す相手には紙に書いてみせるし。困っているのを見かねて助けようとするドイツ人女性には、絶対に口をきこうとしないし。
このおじいちゃんの表情がいいのだ。字幕じゃなくて、吹き替えでみてみたい、おじいちゃんの表情をずっと追ってみてみたいと思わせる作品。


2018年11月13日

天野健太郎さんが亡くなった。
こないだ台湾文化センターで、東山彰良さんとトークをしたとき、控え室に挨拶にいったら、とてもやせていて、顔色が悪くて、驚いたんだけど、まさか、という感じ。
今日、ちょっと用事があって大学にいった帰りのバスで、そんな知らせが入っていた。まだ、いろんなことを教えてほしかったし、ゆっくり台湾の話をききたかったのにな。
 


2018年10月27日

このところ、ぼくの報告はなく、ほかの人の案内ばかりで、すいません。映画のことや、歌集、句集のことや、ぼくの新刊のことなど、書きたいことは山ほどあるのですが……。
あと1週間か10日すれば、立ち直れると思うのですが、とにかく首が回らない状態のまま。とはいえ、今夜は、というか26日の夜は、三味線のお師匠さんの邦楽のコンサートがあっていってきました。
というわけで、赧郡果蕕気鵑里知らせです。


みなさま

朝晩はだいぶ冷え込み、虫の音に秋を感じるこの頃です。
いつもお世話になりありがとうございます。
おかげさまで、9月定例公演、乙女文楽公演、舞踊会など無事終了、特に乙女文楽公演は3公演とも超満員でありがたいことでした。
お運びのみなさまにお礼申し上げます。

今後の主な予定をお知らせいたします。

・じょぎ公演 ◇11月1日(木)/ 2日(金)18時半 上野広小路亭 「一谷嫩軍記」組討 越里・寛也 ※前後を二日に分けて演奏
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1007

・女流義太夫と上方舞 ◇11月7日(水)14時 COREDO室町3 橋楽亭 「花競四季寿」万歳、「艷容女舞衣」酒屋 越孝・寛也・山村若静紀 ★残席僅か
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1051

・21世紀の音の波間で ◇11月9日(金)18時45分 ムジカーサ 「三味線メドレー」寛也・津賀花
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1055

・神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018 ◇11月11日(日)11:55〜12:10 13:25〜13:40 15:15〜15:30 神楽坂毘沙門様境内特設舞台・講釈場「お話と演奏」越孝・寛也 浪曲ー奈々福・豊子 ※無料
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=11&year=2018#schedule1068

・女流義太夫12月公演◇12月15日(土)13時半 紀尾井小ホール 「仮名手本忠臣蔵」身売り 越若・寛也 ※古今亭志ん輔師特別出演!忠臣蔵に因んだ人情噺「中村仲蔵」
https://tsuruzawakanya.com/schedule?month=12&year=2018#schedule972

11月上旬に公演・イベントが重なってしまっていますが、どちらも面白いのでどうぞお誘いあわせてのご来場をよろしくお願い申し上げます。
お申し込みは寛也まで。11月11日の神楽坂イベントは屋外で申し込みご不要です。

鶴澤寛也
http://tsuruzawakanya.com/
Twitter、Facebookもやってます♪ (Instagramやめました)

 


| 1/66PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM