2020年9月21日(月)

 いよいよ、大学の秋学期が始まった。明日は最初の授業で、午後は教授会。水曜日も授業……だが、1回目なので教材や講義内容の送付のみ。ゼミは9月に2日、18時から24時までの合宿をズームでやったので(あとの2時間は飲み会)、初回は休講。

 この写真は、春学期の創作表現論の課題をプリントアウトしたもの。もちろん、両面印刷。45名の12回分の課題。秋学期もこれだけ読むのかと思うと、少し気が重くなるが、受講者は10名ほど減るらしい。しかし、2名、去年、この授業の単位を取っているというのに、再度、取りたいという学生もいて……うれしい。

 そういえば、春学期12回分の後半の課題の秀作、HPにアップしました(※)。どうぞ、読んでみてください。

 最近の大学生(というか、大学生はむかしからずっと)、面白い物を書いてきます。

 

(※金原瑞人HP 外部サイト:note「大学生が書いてみた」 →「はじめに&目次」→7「縦と横」以降です)

 

 


2020年9月20日

去年、大学生協書籍部のパンフレットに入っていた、自動翻訳のチラシです。

とてもとても、気になっています。

使ったことのある方がいらっしゃったら、感想を教えてください。

契約書や特許の文書という違って、小説なんかだと精度が落ちるのは当然だけど、どの程度のものに仕上がるんだろう。


2020年9月19日

 

 

 

 来週から秋学期の授業が始まることになっていて、ほぼ、やることや、使うテキストは決まっている……のだが、1科目だけ、決めたはずのテキストがない! わ、まずい! と思って、この3日間探し続けているのだが、いっこうに、ない。まずなあ、どうしよう。ほかのテキストにするかなあなどと思っていたら、こんな本が見つかった。
 25年、いや、それ以上前に、サンフランシスコで買った絵本。
 漢字のインパクトが強烈で、びっくりしたのだが、それはわれわれが仮名やカタカナまじりの文章における漢字に慣れているからで、すべて漢字の中国系の人々にとっては、これで、「はらぺこあおむし」に読めるんだろうなと、ひとりで納得している。

 それにしても、探し物をすると、探している物は見つからず、どうでもいい物がみつかる。不思議だなあ。

 


2020年9月18日

 訳者の鵜野孝紀さんから、とても楽しそうなイベントの情報をいただきました。


第23回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
マンガ部門 受賞者トーク
「過酷な世界をユーモラスに回想する」

出演:
リアド・サトゥフ(マンガ部門優秀賞『未来のアラブ人 中東の子ども時代(1978-1984)』)
鵜野 孝紀(マンガ部門優秀賞『未来のアラブ人 中東の子ども時代(1978-1984)』)

モデレーター:
猪俣 紀子(マンガ部門選考委員/茨城大学准教授)
三浦 知志(マンガ部門選考委員/尚絅大学准教授)

日仏同時通訳
時間:約60分
配信日時:2020年9月24日(木)12:00
イベント配信URL:https://www.online.j-mediaarts.jp/stream/no26/
※トークの映像は、ストリーミング翌日から10月31日23:59までサイト上で閲覧いただけます。

※第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
会期:2020年9月19日(土)〜9月27日(日)
会場:日本科学未来館
入場料:無料(事前予約制)

 

これはもう、観るしかありません!

 


2020年9月17日

(大場千景さんの著書の英訳本。775ページ)

 

 エチオピアで文化人類学の調査・研究をしている大場さんに何度かメールしたんだけど、まったく返事がこないまま、3ヶ月か4ヶ月。ようやく、今日、メールがきたので、載せます。

 

金原先生

 お元気ですか? お返事が遅くなってすみません。六月末から政変でネットが繋がらず、そうしているうちに、7月の半ばから南部のボラナで調査していました。昨日帰ってきました。へとへとですが、これで本が書きあげられます。

 しかし、今週の日曜日に突然、味覚と嗅覚に障害が起こり始めました。熱はなく、咳もないし、喉も痛くなく、風邪的症状はないのですが、コロナになったのかもしれません。味覚や嗅覚は多少戻るような時もあるのですが、まだ、全然回復していません。ボラナでは、8年に一回開かれるクランとガダの大会議を調査しておりました。エチオピアのボラナの他に、ケニアのボラナやメディアや行政官などいろいろな地域から人が集まり、5000人ぐらいのひとが3週間ぐらい会議をし続けていました。やばいのは承知で調査にいきましたが、ついにコロナになってしまったかもしれません。

 どうか、生き残れますように。

                                       大場千景

 

 まったく!

 まだ若いから大丈夫だろうとは思うものの、ちょっと心配。

 それにしても、5000人で3週間、いったい、何を話し合うんだろう。

 

 

 


| 1/117PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM